プラスアルファの配慮

血糖値の上昇を抑制させる事に十分な注意を払う姿勢は大切ですが、そちらばかりに意識を奪われ過ぎるあまり、猫が必要とする栄養全体をバランス良く与える注意が疎かになっては本末転倒です。血糖値上昇のリスクを知らせるシグナルである肥満に関しては、血糖値抑制効果をダイレクトに届ける以前に、日常の食生活そのものを見直す作業から着手すべきなのです。

何より猫達は自らの意思でキャットフードの選択は出来ず、結果偏食となれば私達飼い主の責任です。だからこそキャットフードの選択に際してのポイントを正しく理解しておかねばなりません。

まずは猫に与えてはならない食物として、穀物類、イモ、とうもろこしが挙げられ、これらはいずれも炭水化物です。実際の商品で炭水化物含有率がゼロとは行きませんが、低炭水化物のキャットフードの選択が絶対条件です。対して猫の主食である肉や魚が豊富に含有する栄養素のタンパク質を十分与えてあげねばならず、高タンパク質の製品のチョイスが不可欠です。

但し一口に肉類といっても「○○ミール」「肉副産物」の表記の商品は避け、主原料がチキン、魚で在ればサーモンの表記の商品の選択を徹底してください。これらを踏まえた上でビタミンB群や食物繊維が豊富に含まれたキャットフードを最終候補として絞り込んで行けば、適正な栄養摂取と同時進行での血糖値の抑制効果を届けてあげられます。

キャットフード関連情報・・・ジャガー
血糖値にも配慮した高タンパクのキャットフードです。